国民よ!日本人としての誇りを持て!!

大阪に残る強制連行の銘版。其の四「大阪城公園」

ラスト4箇所目です。
大阪に残る「朝鮮人強制連行」銘版
世界各国からの観光客も来る大阪城公園にも存在します。

これまで、大阪に点在する「朝鮮人強制連行」の銘版を紹介していく中、嘘をあばく史実のキーワードも兼ねてご紹介させて頂きました。
・徴用
・日韓併合
・民斡旋と官斡旋
・自由渡航
・朝鮮総督府

ハッキリ申し上げましてこの5つの関連事項をちょっと調べるだけで十分、韓国や日本のエセ左翼らが嘘をつく「強制連行」は論破できます。
因果関係を調べた先に、宮廷慰安婦はいたが従軍慰安婦なんて存在していないじゃないかというところまで辿り着いたら、これに関しては十分と思います(笑)

では今回の大阪城公園内にある銘版の場所をご説明させて頂きます。

JR大阪城公園駅から徒歩で天守閣に行きます。
天守閣近くにあります。

不恰好な手作り感全開で申し訳ありません・・・
場所は、天守閣近くの旧帝国陸軍第四師団司令部建物のすぐ近くです。

これがそうです。
右手にある建物が司令部建物(現在は中に入れません。)


書いております。

「一般工員のほかに動員学徒・女子挺身隊・一般徴用工員など64000人が働いていました。その中には、当時の植民地支配の下で強制連行などにより集められた1300人以上と言われる朝鮮青年も含まれていました。」
これを書いた人間は、自分で書いてておかしいと思わなかったのでしょうか?

一般徴用で働いていた工員に含まれる中で、朝鮮人だけは強制連行と????
日韓併合も歴史から無きものにし、日本は非合法に他国から外国人を連れてきていたことにする気でしょうか?
(朝鮮人強制連行といわれるのは徴用であり、日本は朝鮮(大韓帝国)を植民地になどしていない というのを前回でご説明させて頂いておりますのでここでは割愛させて頂きます。ぜひ、前回のものもご参照ください。)
其の一「茨木市安威倉庫跡地」 http://blog.livedoor.jp/hananojapan/archives/28930051.html
其の二「タチソ・高槻地下倉庫」 http://blog.livedoor.jp/hananojapan/archives/28984467.html
其の三「生國玉神社・社生玉公園、都市防空壕跡銘版」
http://blog.livedoor.jp/hananojapan/archives/29210900.html

この大阪城にある銘版は、あの悪名名高き
ピースおおさかの史跡めぐりコースAにも、ちゃっかり盛り込まれています。

この9番「大阪城に残る戦争の傷跡銘版」がそうです。

前回から繰り返しますがやはりこれだけはきつく言っておきたく思います。

学校教師は
子供に嘘ばっかり教えないように

私は危惧しているのです。
まさかと思いますが、「日本が朝鮮人を強制連行した」などと言い、信じている学校教師は数十年後、いやそのうち
「学校が嫌な子供たちに国は強制義務教育させた!人権侵害だぁ~!」などと言い出すんじゃないかと。
ヒヤヒヤしているのです。
やりかねないぐらいの歴史捏造者たちですから、今後要監視です。

学校教育について言いますと私自身、小学校で朝鮮人への強制連行、植民地支配と教わりました。
結果、今世の中はどうでしょう?

その嘘を元に韓国政府は世界中でディスカウントジャパンを展開し
自称従軍慰安婦を名乗る嘘つき売春婦が跳梁跋扈し
嘘ばっかり教えた日本の学校教職員、もとい大人たちの多くが太刀打ちできていないじゃありませんか。

これが現実です

何度でも今後、繰り返し言います
学校教師は
子供に嘘を教えるな!!
教育でもニュースでも、あれを言えば右翼だの
これを言えば左翼 だの。
いつまで冷戦時代の話を引きずり、正すべきを正さずにいる気でしょう? 挙句、国際問題に発展する嘘を子供に教えるとは
カッコ悪いではすまされません。

しかし!最後に!
今、ある意味でこれらの問題を正すチャンスが来ているかと思います。
先日、4月30日に、あのピースおおさかがリニューアルオープンしました。

このリニューアルの経緯は、橋下徹前知事(現大阪市長)が展示に関し「府民の意思を反映すべきだ」と指摘し、改装のため閉館していました。
大嘘「南京大虐殺」関連の写真などが展示されていましたが、批判を受け、信憑性が明らかでない資料や、著作権が確認できない写真を廃棄処分し、大嘘、従軍慰安婦に関する展示も取りやめ。
また、改装前の展示に使用されていた「侵略」という表現もなくなったとのことです。

これに関し松井知事は
「歴史の事実に公正・公平に扱う」と説明しています。

報道で、国賊朝日新聞、毎日新聞あたりは「侵略の文字が消えた」と発狂していますが、正されるべきが正されていく風潮は良いことと思います。
まだまだ問題アリな部分はありますが・・

結論、何がチャンスかと申しますと
大阪府知事、市長が史実にアンフェアな展示物の内容を正す姿勢でいるならば
長年放置されてきた「朝鮮人強制連行銘版」も史実に基づき正しましょうという訴えは、なんら不自然でないと思います。

足下を見るわけではないですが「府民の意思を反映すべきだ」と言うのなら、史実に公正な主張をするならばその府民の意思は反映していただきましょう という事です。

ちかく、わたくしの方からも「朝鮮人強制連行銘版」の撤去、あるいは文言修正案を大阪府、大阪市に提出します。
これまで、色々な方もあたってこられたようですが諦める理由などありません。

いくら日教組が、韓国政府が嘘をつこうとも道理はこちら側にあります。

大変おこがましい事を言うようですが、皆様にもそれぞれの意志のもとに立ち上がって頂きたく思います!

提出文書が完成したらあらためてここに公開させて頂きます。

では、最後までご覧頂きまして誠に有り難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>