国民よ!日本人としての誇りを持て!!

対馬市に公開質問書を送付。対馬奪還本部なる韓国人集団の、その後のエピソード

公開質問書
長崎県対馬市 市役所 観光課様

昨年11月27日の午前10時、比田勝港から対馬奪還本部なる韓国人団体が入国してきた事はご承知の事と思います。
この案件に関わる事で質問させて頂きたいことがございます。

対馬奪還本部は、韓国メディアを通じて以下の内容の事を述べております。
(※報道記事別紙参照)
【同本部は「日本が強引に占領した対馬の返還運動を行う上で、メンバーの理解を高めるため、現地を訪問した」と説明。
 対馬奪還本部関係者は「今回の現地訪問に続き、対馬が大韓民国の領土だという広報活動を定期的な学術大会とも連携して展開する。
 子孫に対馬を引き継ぐ役割をより積極的に果たしていきたい」としたほか、一部の史跡で誤った記述の修正を対馬市に求めたところ、
 市関係者が誤りを認め、修正を約束したことも明らかにした。
 日本は1945年7月のポツダム宣言で対馬が韓国領であることを認めた。】ということです。
 
「日本は1945年7月のポツダム宣言で対馬が韓国領であることを認めた」というのは韓国世論全体に蔓延する証言ですが
彼らは対馬TSUSHIMA と 千島CHISHIMA を聞き間違えているのではないでしょうか?
それ以降のソビエトが調印したポツダム宣言と、サンフランシスコ講和条約に基づく領土権放棄に関わる歴史など
歴史認識がいかに彼らは無茶苦茶で、話にならないかの証左であると思います。
彼らの歴史認識レベルを知るうえでも参考にして頂きたく思います。

長くなりましたがここからが本題の質問です。
文中の「一部の史跡で誤った記述の修正を対馬市に求めたところ、市関係者が誤りを認め、修正を約束したことも明らかにした」
という対馬奪還本部なる韓国人の証言ですが
これは厳原町の小茂田浜神社にある宗助国氏の歴史を表記する文章が、戦没したとされる年齢のハングル表記が間違っているという指摘をしたとお聞きしております。
私はハングルを読めないうえ、小茂田浜神社に行ったことがございません故、本当か嘘かの判断がつきません。

彼らが修正を持ちかけられたとされる内容は、要求どおり修正をされる予定でしょうか?

しかしながら、市の担当の方からは電話応対では「対馬奪還本部に帯同した市の人間はいない」とお聞きしていますが
どのような経緯で彼ら韓国人は、史跡の記述修正を求めてきたのでしょうか?
当初、彼らの行動で予定されていたチェイクヒョンに関わる修善寺や、トッケオンジュの結婚奉祝碑などの史跡訪問とは
違うものでしたが、その史跡についても修正などを求めてきたのでしょうか?

ただでさえ、対馬が韓国領土などと意味不明の証言をする方々です。
およそ歴史認識がまともなものとは思えないうえ、そんなものが対馬という日本の重要な国境に出入りしている事そのものに一人の国民として危機感を覚えます。

質問項目に回答いただきたく思います。
宜しくお願い致します。

愛国矜持会 石川慎之助

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>