国民よ!日本人としての誇りを持て!!

平成26年11月16日 11月は「民主党は日本に必要ない~国民決起行動!」 街宣 第三弾!

午前中に高槻での街宣を終らせて15時から難波高島屋前にて11月は「民主党は日本に必要ない~国民決起行動!」 第三弾の街宣活動を行った。

前半は、民主党とは少し離れて沖縄問題を中心に支那中共の脅威について周知し、あまり突っ込んだ話は公職選挙法の問題があるため出来なかったが、米軍基地や自衛隊が沖縄から撤退するとどうなるか平和ボケした国民に対して周知した。

それと北朝鮮による拉致問題についても石川副代表が誰にでも判るように街宣で訴えてる途中に飛び入りでマイクを握った。「拉致されるのは、子供の監視をしていない親のせいで北朝鮮の責任にするのはよくない!」といったが、私たちはそう思いません。勝手に日本国民を拉致する鬼畜外道の北朝鮮に常識など欠片もないと主張いたします。

街宣当日、竹井代表は参加できない予定でしたが急遽駆けつけマイクを握り、支那中共の横暴について語った。現在、小笠原諸島で支那の赤サンゴ密漁船が大量に押し寄せてくる中、東京都知事は多額の税金を使い海外へ行き、小笠原に住む島民の生命、財産、安全を守る義務を放棄している。これに対して日本政府は何をやっているのか?

この支那に対して声を上げているのは私たち日本国民なんです。この状況に目をつぶり指を咥えて見ているだけの平和ボケした日本国民に立ち上がってもらえるよう周知をした。

そして中監会関東支部で内閣総理大臣、農林水産大臣、法務大臣、国土交通大臣、東京都知事に対し日本の領海を守って頂くよう17日に要請書を送りつけると発表した。この要請書の返事がない場合は国会議事堂前で糾弾街宣をし、それでも返答がなければ中監会で小笠原へ乗り込むと語った。

【街宣動画】

YouTube Preview Image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>