国民よ!日本人としての誇りを持て!!

対馬を守れ!

5月17日より愛国矜恃会主催で対馬遠征に行きます。
目的は対馬の現状をこの目で確かめる。
島民と本土の人間の危機感、温度差を確認しにいきます。

長崎県対馬市。
境界の離島対馬。
日本海にポツンと浮かぶ離島であります。
この島は古くから歴史があり日本固有の領土であります。

しかしながらここ近年、対馬も高齢少子化が進み若者の人口減少が深刻な問題となっております。

対馬といえば数年前、韓国人に仏像が盗まれたことが記憶に新しいですね。
この問題もそうですが、対馬はかなり深刻な問題とぶつかっております。

これといって観光もない、本土から対馬に行くにはフェリーで5時間、直通の飛行機もありますが一日一本料金も高いということで観光で訪れる日本人が減少しております。

対馬が抱えてる深刻な問題というのは、近年韓国人観光客が増加しマナーの悪さに困っております。
韓国政府は日本固有の領土対馬を「韓国領土」といってるのです。
韓国から直線で50km、日本本土よりも韓国の方が近いということで韓国人観光客が増加しております。

それどころか韓国人が対馬に行き対馬の土地を買い漁り、本気で対馬を侵略しようと考えているのです。
私とこの会の者が先日対馬に行き島のあちこちにハングル文字の書いたゴミが散乱していると嘆いておりました。
この現実を知り黙って見過ごすことは出来ない!
竹島に続き対馬も韓国に脅かされては日本人として困る!

そんな思いで対馬に行き対馬の島民の方や対馬の行政の方と話をしてきます。
様々な方の協力を得て実現した対馬遠征。

この目で対馬の現実を把握しリサーチし、そして島民と共に対馬の在り方を主張していきたいと考えてます。

日本固有の領土を脅かす韓国に決定的な問題がありますが、それを野放しにしている日本政府にも言及しなければいけません。
そして何よりもこの国を守り続けてきた私たちの先人に感謝しこの日本を未来ある子供たちに引き継ぐことが重要なのです。
私たちは誇り高き日本民族です。
神々が宿る神国日本。
対馬を守るのは私たち日本人です。

このような問題を他人事とは思わず、全ての方に関心をもってもらいたいと願うばかりです。

今回の対馬遠征、沢山の方が関心を示してくれてます。

皆様の期待に添え出来ることやってきます。

対馬問題を国際問題として提起し日本政府に立ち上がってもらいたい。

参加される皆様、協力してくださる報道関係者、私たちを見守ってくださる公安の方、当日は宜しくお願いします。

愛国矜恃会   竹井信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>