国民よ!日本人としての誇りを持て!!

平成26年1月12日 【3都市一斉同時開催】『拉致被害者全員奪還.国民街宣・デモ大行進』

全国3都市で一斉に拉致被害者全員奪還国民大行進を大阪では、愛国矜持会が主催で、沢山の方々に賛同して頂き無事に開催する事ができました。

拉致被害者は、現在も日本との国交の無い国で苦しんでおられます。御家族の方々も年を重ねもう時間がないのです。日本政府が何もしないのであれば、私たち日本国民が立ち上がらなければならないのです。

——————————————————————————————————————————-

【街宣 動画】

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

【デモ行進 動画】

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

【撮影:在日特権を許さない市民の会 神功副会長】

————————————————————————————————————–

この拉致奪還のデモ・街宣は今後も愛国矜持会としてやり続けます。

2 thoughts on “平成26年1月12日 【3都市一斉同時開催】『拉致被害者全員奪還.国民街宣・デモ大行進』

  • 市民 より:

    愛国矜持会さんは、本当に日本と日本人を愛していますか?

    戦時中、右翼団体、保守政治家の人たちは自分たちは出征しないくせに一般人、さらには学生まで駒のように戦地に送り込みました。
    特に、朝日新聞なんかは戦争を煽っていました(戦後の豹変振りには更に驚きです。)
    自衛隊に入隊する勇気もないのに、国防軍創設という人は特に眉唾です。
    戦争になったら進んで出征する勇気は本当にありますか。

    私は今でも声高に愛国、国防という人ほど信用できません。
    強調しなくても、誰でも祖国日本を愛しています。

    • 統制局長石川 より:

      私の意向が全てではありませんが、その戦争にならないように 言葉で済んでいるうちに、この国際問題の火種を止めようというのが市民活動の役割と心得ています。
      言論で火に油を注いでいるように見られがちですが、くさいものに蓋をするのに限界が来ているだけであり、戦争するもしないも現時点において反日国の態度次第です。
      愛国を強調するかしないかの価値観は私は気にも留めていません。
      ようは何を謳おうと 何を強調しようと、行動です。
      賛否あるでしょうが、今でも国際問題の最前線を目論んで行動の予定を立てております。
      それが戦争の価値観と重なるかどうかは第三者の判断にお任せします。
      憂国、愛国の意志が戦争と結びつくようなナショナリズムと、それらの無責任が気になるなら、もちろんそれは十人十色ですから色々な人がいるでしょうし、誰を信用するしないでなく、自らの意志の元に行動を起こせばよいのではないでしょうか
      その結果において、仲間は着いてくるはずです。

      私の意思が全てではないことを前提とし、乱文申し訳ありませんがお返事させていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>